1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 特定医療法人財団 健和会 北千住訪問看護ステーション  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

特定医療法人財団 健和会

北千住訪問看護ステーション

( 訪問看護ステーション )

編集部が取材しました

見学の下調べ

高齢化や医療制度改正の影響を受け、在宅での療養生活を希望される方が増えたため、訪問看護師のニーズは年々増加傾向。でも、たった一人でご自宅に伺うわけですから、相当のスキルが求められそうですよね。はじめて訪問看護に挑戦する場合、一体どんな事業所を選べば良いのでしょうか?
東京都第1号の事業所として、1992年に誕生した「北千住訪問看護ステーション」の魅力は、充実した教育プログラム。未経験者の受け入れにも積極的らしいので、さっそく見学に行って「訪問看護師の1日」に密着してきます!

■形 態 :
訪問看護ステーション
■所在地 :
東京都足立区/北千住駅
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

足立区の中心として栄える「北千住駅」周辺は、利便性、商業施設の充実、家賃・物価の安さなどから、住みやすい街として人気のエリア。そんな駅の西口から国道4号方面へ10分ほど歩くと、保健医療福祉協同組合会館が見えてきました。玄関で迎えてくれたのは、健和会訪問看護ステーション所長の伊藤さん。「ようこそ!北千住訪問看護ステーションは、こちらの2Fです」。

事務所

まずは職員の皆さんの机が並ぶ事務所へ。「9:00からの朝のミーティングで、夜勤からの引き継ぎや携帯当番から申し送りを受け、大体10:00には午前の訪問先へ出発します。なので、今はスタッフの姿が多くないんですが、約40名近い職員が在籍しているので、全員集まるととっても賑やかなんですよ」。職員が40名近いなんて、訪問看護ステーションにしては大規模ですね~。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

事務所

こちらにいるのは全員看護師さんですか?「いいえ。看護師、ケアマネージャー、リハビリ職など、多職種が同じ空間で働いています。職種は違っても利用者様を想う気持ちは皆同じなので、普段から密にコミュニケーションを取っているんです。仕事に熱いメンバーばかりで、毎日事務所のあちこちで利用者様についての話し合いが繰り広げられているんですよ(笑)」と、皆さん。訪問時は一人でも、同じ想いの仲間に囲まれているのは心強いですね。

玄関

「こちらは、昨年、訪問看護未経験から入職した2人です。1年間の新人研修を無事終え、今ではすっかり一人立ちをして、緊急当番も任せています」と、伊藤さん。未経験者はどのくらいで一人立ちを目指せばいいのでしょうか?「半年以内が目標です。入職後は、最低1ヶ月の同行訪問を行い、状態が安定している方の担当からスタートします。その後は少しずついろいろな方を訪問できるよう、先輩と相談しながら人数を増やしていくんですよ」と、お2人。それなら安心。午前の訪問、行ってらっしゃーい!

訪問先

今日は特別に、訪問先にも密着。毎日自転車で、5~6件のお宅を回るのだそうです。訪問は、毎回同じ利用者様ですか?「いいえ、訪問先はその日によって違います。利用者様一人ひとりのカルテがあるので、それをもとに、一人の利用者様を複数の目で看ています。利用者様は、0歳から100歳を超える方まで幅広い年齢層で、疾患もさまざま。こちらの赤ちゃんは、退院時は口から物が食べられず、管から栄養を取っていましたが、今ではすっかり元気になって、お座りもできるようになりました」。

訪問先

2件目の訪問先は老々介護のお宅で、奥様は入院中に、巨大な褥瘡に悩まされていたんだとか。「退院後は、ご主人に褥瘡予防につながる指導を行い、栄養バンランスの取れた食生活を心がけていただいた結果、褥瘡がどんどん良くなりました」と、看護師さん。ご家族への指導も大切にしているんですね。「はい。当事業所では、地域の要望に応えて、『体の動かし方の学習会』という公開講座を開いたり、訪問看護に関する講演を行うなど、被介助者への支援にも積極的なんです」。それは素晴らしい! 12:45からお昼休憩らしいので、そろそろ事務所に戻りましょう。

事務所

「訪問看護師の1日について、もっと詳しく知りたい方は、『健和会 訪問看護ステーション』 のホームページをご覧ください。当法人の歴史や、教育プログラムについて、いろいろ詳しく載っていますよ~」と、伊藤さん。わぁ~、とっても情報満載!日々の取り組みが紹介されている『健和会訪問看護ステーションのブログ』も要チェックです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

事務所

こちらの本は何ですか?「これは、当施設の初代所長を務めた宮崎和加子さんが監修した『在宅・施設での看取りのケア』という本です。自宅、看多機、ホームホスピス、グループホーム、特養などの看取り事例が紹介されているのですが、看多機における事例は私が執筆させていただいたんですよ」と、伊藤さん。すご~い!こちらの本は、全国の書店で販売されているそうです。

宿直室

お次は、宿直室に案内していただきました。夜勤は月に何回程度ありますか?「20:30~翌9:30の夜勤は、基本的に夜勤専従パートスタッフに任せているので、常勤スタッフは携帯当番のみ。だいたい月5~6回の携帯当番をお願いしています」。携帯当番は電話対応のみで、出動することはないそうです。

創意工夫を伺う独自の取り組み

まいほーむ北千住

つづいて併設する看護小規模多機能型居宅介護「まいほーむ北千住」へ。こちらではどんなサービスを提供しているんですか?「通い(通所介護)、泊まり(ショートステイ)、訪問(看護・介護・リハビリ)のサービスを組み合わせて提供しています。訪問看護の利用者様にも、在宅生活をより豊かにしていただくため、ここの通所やショートステイをご案内することがあります」と、伊藤さん。自宅の顔と施設の顔、両方を観察することで、利用者様をより深く理解できるのだとか。

事務所

16:30になると、続々と職員の皆さんが戻ってきました。「これから夜勤や携帯当番に仕事を引き継いだり、主治医やケアワーカーに連絡を入れたり、カルテや看護計画などの事務仕事をしたり…まだまだ仕事がいっぱい(笑)。営業時間は17時までですが、どうしても残業は発生してしまうんです」と、伊藤さん。皆さん利用者様のために一生懸命ですね!こんな仲間と一緒に働けたら楽しだろうな~。今日はありがとうございました!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。教育が充実している訪問看護ステーションはいかがでしたか?
職員の皆さんがモチベーションの高い方ばかりで驚きました。「24時間巡回型在宅ケア」や「看護小規模多機能型居宅介護の併設」など、健和会独自の取り組みに共感している方が多く、定着率もかなり高いそうです。噂通り新人教育もしっかりしていたので、未経験でも安心して働ける職場だと思います。
――新人教育だけでなく、その後のキャリア支援も整っていましたか?
はい。健和会には10の訪問看護ステーションがあるのですが、合同の教育委員会を設立していて、継続教育システムもしっかりしていました。所長として管理職に就きたい方、現場で働き続けたい方、認定看護師の資格を取りたい方など、個々の希望に沿って応援してくれるそうですよ。ちなみに現在は、訪問看護、がん性疼痛、認知症といった分野の認定看護師が活躍しているのだとか。
――では、ここはちょっと、という点は?
利用者様のために一生懸命になれる方でないと続かないと思います。それなりに残業もありますし、夜間の携帯当番もあるので、「時間通りに働けて、夜勤もないから訪問看護師になりたい」という方ではちょっと難しいですね。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします
先日、新人さんが持病のギックリ腰をこじらせてしまったそうですが、病欠、傷病手当など、入職したばかりでも各種制度が活用できたそうです。母体がしっかりした医療法人なので、待遇面はとても恵まれていると思います!

訪問看護に興味があり、未経験から学びたい方

訪問看護師として、管理職や認定資格に挑戦したい方

募集職種を見る