1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 葛飾区  > 
  4. 医療法人社団 協友会 リハビリケアかつしか  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 協友会

リハビリケアかつしか

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

働く職員が「夢や目標を語れる職場」って、魅力的ですよね。専門職としてのキャリア目標、業務以外のプライベートな目標、仲間と達成するチームの目標など、何か目標があるだけで、毎日がイキイキします。老健「リハビリケアかつしか」が取り組んでいるのは、職員一人ひとりの目標の明確化。向上心とやる気に満ちた職員さんが多いことに期待して、さっそく見学に行って来ます!

■形 態 :
介護老人保健施設
■所在地 :
東京都葛飾区/新小岩駅
■定 員 :
入所・短期入所(予防含む)定員120名(一般70名 認知50名) 通所リハ(予防含む)定員40名
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

JR総武線の快速が停まる「新小岩駅」は、都心や千葉方面へのアクセスに便利。北口から京成タウンバスに乗り、バス停「上平井町」で下車して3分ほど歩くと、スタイリッシュな外観が特徴の「リハビリケアかつしか」が見えてきました。玄関で迎えてくれたのは、介護主任の内海さん。「ようこそ!私にとってこの施設は、開設準備から携わった思い入れのある施設です。今日はたっぷりと魅力を紹介させてくださいね」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

職員階段

移動しようとしたところ、階段に貼り紙が!どうやら施設のスローガンです。「いいアイディアでしょう?階段ごとにスローガンが違うのですが、私のお気に入りは、『あいさつで 笑顔あふれる リハビリケアかつしか』。業務が重なって忙しい時も、階段を使う度に、『あいさつと笑顔を忘れないようにしよう』って意識できるんですよね」と、内海さん。それは素晴らしい!

入居フロア

入居フロアへ行ってみると、職員の皆さんが話し合いをしています。「こちらは、結成したばかりの『看取りケアチーム』。当施設では、2017年度から看取りを受け入れていく準備を進めているんです。老健は在宅復帰のための施設ですが、高齢になるといつ何が起こるかわからないので、自然な流れの中で最期を迎えられる体制を整えていきます」と、内海さん。地域のあらゆる要望に応えていける、オールマイティーな施設を目指したいそうです。

施設内研修の写真

「こちらは先日の接遇研修の写真。研修では、さまざまな職種が講師になって、幅広いテーマを扱っているんですよ」と、写真を見せてくれました。職員の方が車椅子に乗ってますね。「ええ。当施設の研修の特徴は、演習やグループワークが多いこと。実際に車椅子に乗って介助を受け、利用者様の気持ちを理解した上で、どんな接し方がベストか皆で考えることができました」と、内海さん。

入居フロア

お次は、内海さんと一緒に介護部門をまとめる甲斐主任を紹介していただきました。「私も彼も、認知症ケア専門士と認知症介護実践リーダーの資格を取得しています。年々認知症の利用者様が増えているので、正しい対応が取れるよう、メンバーにはしっかり専門知識を伝えています。2017年度中に全職員が『認知症サポーター』になることを目標に、施設内で養成講座も開いているんですよ」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

入居フロア

フロアに皆さんが集まってくれました。こちらの施設では、職員の皆さんが目標を持って仕事に取り組んでいるそうですね。「はい!介護技術のスキルアップ、実習指導者の資格取得、仕事と子育ての両立など、それぞれが自分に合った目標を設定しています。目標は上司とも共有しているので、ためになる外部研修を勧めてもらえたり、配属先や働き方の見直しをしてもらえるんですよ」と、皆さん。

トイレ

つづいて、設計にこだわりのあるトイレを紹介していただきました。「当施設は、開設準備の段階から、介護職・看護師が監修に入ったため、使い勝手や安全面に配慮した設計が実現しています。特にトイレには、ストーマ専用のシンクを設置したり、便座の横のアームを通常より長くして、立ち上がりがしやすいように工夫をしました」。

浴室

浴室はスペースに余裕を持たせ、4タイプもの浴槽を揃えているんだとか。「一般浴、個浴、リフト浴、機械浴の中から、利用者様の残存機能を活かせる浴槽を選んでいるんです。歩行が困難な方にも、座位が保てない寝たきりの方にも、入浴を通して少しでもリフレッシュしていただけるよう、コミュニケーションを取りながら入浴介助にあたっています」。

リハビリテーション室

お次は、リハビリテーション室へやってきました。「リハビリスタッフからは、安全な移乗方法を指導してもらったり、フロアリハビリのアドバイスをもらったり、よくお世話になっているんです。職種の垣根が低い職場なので、他職種にも気兼ねなく相談ごとができ、サービスの質を上げることができているんですよ」と、内海さん。リハビリ科では、在宅復帰後の継続支援として、訪問リハビリにも対応しているそうです。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

テラス

最後に案内していただいたのは、眺めの良い4階のテラス。「東京スカイツリー」と「かつしかハープ橋」がよく見えますね。「晴れている日は、富士山も見えるんですよ!テラスにはお散歩スペースもあるので、ときどき利用者様と景色を楽しみにやってきます」。こんな眺めを見たら、仕事の疲れも吹き飛びそう!今日は本当にありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。職員が目標を大切にしている老健、いかがでしたか。
現場をまとめる部長や主任が、メンバーの目標管理を徹底し、モチベーションが上がる働きかけをしていました。施設としても、「看取りケアのスタート」「全職員の認知症サポーター化」など、次年度に向けた目標を掲げて前進していましたよ。
――上尾中央医科グループ(AMG)の施設なんですよね。
そうなんです。ですから、グループ合同の研修も受けることができますし、待遇・福利厚生面も整っています。看護師はもちろん、介護職にも「AMG共通キャリアパス」が用意されているそうで、レベルに合った目標を持ちながら成長できるそうです。
――では、ここはちょっと、という部分は?
新小岩からのバスの本数が多くないので(約20分置き)心配になりましたが、スタッフの方に質問してみると、時間外業務がほぼないので、いつも決まった時間のバスに乗ることができているそうです。バスを使わずに歩いても、約18分とのことなので安心しました。
――最後に、ここだけの話をお願いします。
職員階段には、さまざまな施設のスローガンが貼ってあって感心しました。「見ているよ あなたの笑顔と 仕事ぶり」「言葉づかい 真心こもった 思いやり」など、日々の意識付けが習慣となり、いつの間にか当たり前になっていくのだと思います。

モチベーションの高い仲間と、目標を持って働きたい方

使い勝手と安全性にこだわった施設環境で働き方

募集職種を見る