1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 株式会社 明昭 リハビリホーム花はた  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

株式会社 明昭

リハビリホーム花はた

( サービス付き高齢者向け住宅 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

介護の仕事に携わったことがあれば、「個別的な支援がしたい」と考える方は多いと思います。でも、施設の種別や方針によっては、個別の対応が取りづらい職場もありますよね。2016年7月に開設した「リハビリホーム 花はた」は、徹底した個別ケアを目指すサービス付き高齢者向け住宅。創立以来、急ピッチで成長を続ける「株式会社 明昭」の28番目の施設として、今までにない介護サービスの在り方を追求しているそうです。さっそく見学に行って、その実態を確かめてきましょう!

■形 態 :
サービス付き高齢者向け住宅
■所在地 :
東京都足立区/竹ノ塚駅
■定 員 :
100室
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」東口から、バスに乗ること約10分。バス停「花畑四丁目」で降りて3分程ど歩くと、「リハビリホーム花はた」に到着しました。同じ敷地内には、苑田会グループの「花はたリハビリテーション病院」が併設されています。玄関で迎えてくれたのは、介護スタッフの所属先「ヘルパーステーションめいしょう(訪問介護事業所)」の山田所長さん。「職員には専属の勤務地を決めているので、入職後はこちらの施設に通勤していただきます」。仕事内容は訪問介護ですが、直行・直帰が可能だそうです。

連絡扉

施設に入って最初に驚いたことは、「花はたリハビリテーション病院」と扉一枚でつながっていること!「6F建ての施設内には、全フロアに病院との連絡扉があります。利用者様の緊急時もスムーズに対応してもらえますし、24時間近くに医師や看護師がいるのは、働く側にとっても安心です。施設内は大きな厨房があるので、病院の食事もそこで調理して運んでいるんですよ」と、所長さん。え~、サ高住なのに厨房があるんですか?

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

厨房

「厨房では、グループ施設の食事も作っているため、調理スタッフがたくさん活躍しています」と、案内していただきました。明昭グループでは、直営方式の厨房にこだわっているそうですね。「ええ。全員が同じ組織の仲間なので、連携が取りやすいです。だから、きざみ食・透析食・減塩食など、一人ひとりの利用者様に合ったメニューにも柔軟に対応しているんですよ」と、調理長さん(写真右)。手作りの美味しい食事は、利用者様から大好評だそうです。

浴室

お次は、施設自慢の機械浴の浴室へ。わぁ~、あまりの広さにビックリ!「入浴サービスには一番こだわっていて、希望であれば、毎日でも入浴できる体制を整えています。かなり広いスペースですが、プライバーシー保護のためにカーテンで仕切れる仕様になっていますし、これから最新式の機械浴の設備を5台導入する予定です」と、所長さん。自立した利用者様のために、各フロアに個浴槽の浴室を2つずつ完備しているんだとか。

創意工夫を伺う独自の取り組み

浴室

入浴サービスが毎日受けられる施設って、なかなかないですよね。「そうですね。でも、身体面においても精神面においても重要な入浴は、できる限り利用者様の要望に応えていきたいと考えているんです。入浴をしない日も、少しでもリフレッシュしていただければと、居室で足湯ができる『フットちゃん号』を用意しました」。それは素晴らしい取り組み!お手製のフットちゃん号、とても大人気だそうです。

スタッフステーション

スタッフステーションでは、介護スタッフさんが迎えてくれました。サ高住で働く魅力って、どんなところでしょうか。「利用者様と1対1で関われるので、介護施設よりも個別的な支援に取り組めるところです。利用者様の満足そうな笑顔に触れられる日々は、大きなやりがいにつながっています」と、お2人。介護スタッフは、1日平均8名の居室を訪問し、20分〜1時間の生活支援サービスを提供するそうです。

共用リビング

入居フロアには、開放的な共用リビングが設けられています。集団レクなどは、ここで行っているんですか?「いいえ。当施設では利用者様に自由な暮らしを楽しんでいただくために、『集団レクより個別レクを重視』という方針です。集団レクを楽しみたい方はデイケアに通われていますし、たまに開催する施設のイベントも、参加を強要していません」とのこと。介護スタッフは、レクの担当の仕事がない分、利用者様と個別に関われる時間が多いんだとか。

居室

つづいて居室を見せていただきました。「居室の雰囲気は、一人ひとりの利用者様の要望に合わせてカスタマイズ可能です。介護ベッドやマットレスの使用も柔軟に対応していますし、大手家具メーカーと提携しているので、収納アイテムやリネン類も好きなものを選ぶことができます。また、石鹸などの日用品も、好みのものを使用していただいているので、介護スタッフは週1~2回は買い物に同行しているんですよ」と、所長さん。

研修写真

入職後は、どんな教育サポートが用意されていますか?「入職後3週間は、先輩との同行訪問を通して、一連の業務の流れを覚えていただきます。一人立ち後も、同じ施設内に先輩がいるので、わからないことがあれば質問をして大丈夫です。また、所属の『ヘルパーステーションめいしょう』では、定期的に集合研修を開催しているので、学びの場は充実していますよ」と、苑田会グループの看護師さんによる、感染症の研修写真を見せてくれました。研修に参加できない場合は、DVD研修で補えるのだとか。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

スタッフ専用スペース

今日は特別に、スタッフ専用スペースも見せていただきました。「メリハリをつけて働けるように、各フロアにスタッフ専用の休憩室・トイレ・エレベーターを設けています。業務内容は『訪問介護サービス』ですが、訪問先は全て同じ建物内なので、移動に時間を取られることなく、しっかり休憩できますよ」。こういうスペースがあるのは嬉しいですね!

託児室

最後は、福利厚生の保育施設「花はたこどもらんど」に案内していただきました。サ高住に保育施設が併設されているとは、これまた珍しいですね。「明昭グループでは、職員の働きやすさのために待遇・福利厚生面をすごく充実させているんです。保育施設の他にも、グループ内病院の医療費控除制度、職員旅行や運動会などの社内行事など、いろいろなグループメリットがあります」と、所長さん。さすが、経営基盤がしっかりとした大手企業ですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。個別ケアに取り組むサ高住、いかがでしたか?
利用者様目線のサービスがとても充実していて、「個別ケアに取り組みたい」「利用者様を笑顔にしたい」「じっくり寄り添った介護がしたい」という方にピッタリの職場でした。業務内容は訪問介護ですが、同一施設内で完結しますし、近くに先輩や医療スタッフがいるので、訪問看護が初めての方でも安心して働けると思います。
――どんな年齢・キャリアのスタッフが活躍していましたか?
20代~50代まで幅広い年齢の方が活躍していましたが、全員が有資格者でした。所属先の「ヘルパーステーションめいしょう」の職員は、約半数が介護福祉士を取得していて、働きながら介護福祉士の試験にチャレンジする方も多いそうですよ。
――では、ここはちょっと、というところは?
利用者様の尊厳を大切に、個別に寄り添ったケアを大切にしている施設なので、介護職としての志が高い方でないと務まらないと思います。研修体制がしっかりとしているので、介護のプロフェッショナルを目指したい方にはピッタリですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
案内をしていただいた所長さんは、現場とのコミュニケーションをとても大切にされていて、全スタッフの誕生日にバースデーカードを贈っているそうです。上司に誕生日を祝ってもらえるなんて、ちょっと嬉しいですよね!

利用者様の生活に寄り添った個別ケアに取り組みたい方

経営基盤のしっかりとした組織で、成長しながら働きたい方

募集職種を見る