1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 医療法人社団 苑田会 ナーシングホームそのだ  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 苑田会

ナーシングホームそのだ

( 介護複合型施設・訪問看護ステーション )

編集部が取材しました

見学の下調べ

医療と介護の連携のあり方や、在宅療養を支援する体制にはさまざまな課題があります。理想的な在宅支援の実現には、「働く職員の情熱」と「病院との連携」が欠かせません。2017年3月にオープンした「ナーシングホームそのだ」は、1つの建物内に4つの事業所が集まる複合型介護施設。「医療法人社団 苑田会」が母体の強みを活かして、幅広い医療ニーズに応えられる在宅サービスを追求しているんだとか。早速見学に行って、その取り組みをチェックしてきます!

■形 態 :
介護複合型施設・訪問看護ステーション
■所在地 :
東京都足立区/竹ノ塚駅
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」の東口から「足立総合スポーツセンター行き」のバスに乗り、バス停「第四都営住宅」で下車して歩くこと約5分。落ち着いた住宅街の中に、「ナーシングホームそのだ」を発見しました。玄関で迎えてくれたのは、事業所長の渡部さん。「ようこそ!当施設は、2017年3月に全機能がスタートしました。私たちの在宅支援に対する想いがようやく形になり、とってもワクワクしています」。

創意工夫を伺う独自の取り組み

玄関ロビー

まずは、施設の特徴を教えていただきましょう!「当施設には4つの機能があり、1Fがデイサービス、2〜3Fは小規模多機能型居宅介護、4Fは訪問看護ステーションと居宅介護支援事業所となっています。1番の特徴は、看護師が常駐し、医療ニーズの高い在宅療養者を手厚くサポートできるところ。足立区は看護小規模多機能型居宅介護を増やさない方針のため、申請はできませんが、同等のサービスを提供していく方針です」。

デイサービス

つづいて、家庭的な雰囲気にこだわったデイサービスへ。「個別ケアを実現するため、定員は1日20名とし、小規模多機能型居宅介護の通所サービスと合わせても、最大32名までとなっています。デイサービスには要介護度の低い方が通うイメージがあると思いますが、当施設では、要介護4~5の方や医療依存度の高い方もお断りしていません」。さすが、医療法人グループが母体の施設ですね!

デイサービス

フロアに多職種の皆さんが集まってくれました。「職員の年齢・キャリアはさまざまですが、在宅支援に情熱を傾けるメンバーが集まっています!開設1年目なので、個別ケアの提供を第一に、業務体制やサービスの内容をイチから構築している最中です。介護職は、デイサービスと小規模多機能居宅介護を兼任して働くこともできるので、幅広い経験を積むことができますよ」と、皆さん。

小規模多機能型居宅介護

お次は、2017年3月にOPENした小規模多機能型居宅介護へ。「利用登録は最大24名で、通い・泊まり・訪問のサービスを柔軟に組み合わせて提供しています。泊まりの方への朝食と夕食は、足立区シルバー人材センターの会員さんに調理業務を依頼し、地域の方に支えられながら運営しているんです」と、渡部さん。地域に開かれた施設を目指して、近隣住民の方が集える交流スペースも設置しているんだとか。

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護の居室は、寝たきりで外出が困難な方のために、天井を空色にすることで開放感のある空間を創っています。「入居定員は9名で、ピンクが基調の『華の部屋』、黄色が基調の『陽の部屋』、水色が基調の『空の部屋』と、3つの居室を設けています。利用者様の体調悪化時はもちろん、看取りの対応や、レスパイト(ご家族の休息のための一時的な入所)など、幅広い要望に応えているんですよ」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

浴室

浴室には、最新式の機械浴槽が導入されています。「介護度の高い方を積極的に受け入れていくため、寝たまま入浴できるシャワーバスを取り入れました。利用者様に気持ち良くお風呂を楽しんでいただけるとともに、介助する側の負担軽減にもつながっています」と、渡部さん。

玄関

今日は特別に、訪問看護師さんのお仕事に同行させていただけることになりました。これから何件のお宅を回るんですか?「午前中に2件、午後に4件です。だいたい1日6~7件のお宅を訪問しているんですよ」と、お2人。それでは自転車でレッツゴー!

個人宅

まずは個人宅への訪問。どんな利用者様が多いですか?「病状も生活背景もさまざまですが、足立区は高齢化率が高いので、老々介護・認々介護が多いです。今行っているフットケアは、巻き爪やむくみの予防はもちろん、転倒予防にもつながるので、毎回丁寧にケアしています」と、看護師さん。訪問中に急変があっても、グループ病院が迅速に対応してくれるそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

ガーデンフィールズ竹ノ塚

つづいて、苑田会グループの介護事業を担う株式会社明昭が運営するサ高住へ。「新人さんがいきなり個人宅に訪問するのはハードルが高いので、最初は明昭運営のサ高住への訪問を通して業務の流れを学んでもらいます。その後も、仕事に慣れるまでは先輩の訪問に同行できますし、症状が落ち着いている利用者様から任せていくので安心してくださいね」。

そのだ訪問看護ステーション

午前中の訪問を終え、「そのだ訪問看護ステーション」に戻ってきました。「昼食は1日250円の補助が出ます。その日のスケジュールに合わせて外食をしたり、お弁当を買って事業所で食べています。訪問先の近くに苑田会グループの病院があれば、職員食堂を利用することもできるんですよ」と、皆さん。それは嬉しいグループメリットですね!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――さまざまな在宅サービスを展開する複合型施設、いかがでしたか?
所長をはじめ、仕事へのモチベーションが高いスタッフばかりで、とても活気のある職場でした。開設1年目ですが、順調に利用者様が増えていて、介護職をさらに増員したいんだとか。今後も複合型施設ならではの強みを活かして、「ナーシングホームそのだ」らしいサービスの在り方を模索していきたいそうですよ。
――母体の安定感は感じられましたか?
はい。苑田会グループの介護事業を担う株式会社明昭が運営するサ高住・グループホームからの依頼も多いそうですし、利用者様に何かあった際の医療連携が、系列病院としっかり取れていました。それから、保育室や昼食代補助などの福利厚生も充実していましたよ
――では、ここはちょっと、という点はありましたか?
2017年3月に全機能がスタートした施設なので、まだ未完成の部分もあります。渡部所長としては、看護師の人数をもっと増やして、常勤看護師7名以上の「機能強化型訪問看護ステーション」の認定を目指しているそうです。
――最後に、ここだけの話を一つお願いします。
渡部所長はスキルアップ支援に積極的で、スタッフの皆さんが「どんなに忙しい時でも、行きたい外部研修には送り出してもらえる」と喜んでいました。費用は施設負担で学びに行けるので、多くの方が参加しているようです。

地域に寄り添い、イチから複合型介護施設をつくっていきたい方

安定した母体のもと、未経験から訪問看護をはじめたい方

募集職種を見る