1. HOME  > 
  2. コラム「介護のお仕事」  > 
  3. vol.5 好きな現場で働く! ケアマネージャーの資格

当サイトの介護求人情報♪|東京埼玉千葉神奈川



vol.5 好きな現場で働く! ケアマネージャーの資格

好きな現場で働く! ケアマネージャーの資格

福祉業界には様々な資格が存在します。
介護福祉士や社会福祉士同様、介護支援専門員(ケアマネージャー)もそのひとつなのですが、介護福祉関連の資格の中でも特殊な分類であるケアマネージャーに関しては、働き方の可能性などについてはあまり知られていません。

ケアマネージャーの資格を取ったらどのような働き方が出来るのか、ご紹介します。

ケアマネージャーの報酬について

ケアマネージャーの報酬について

ケアマネージャーは、利用者に対して介護、介助のケアプランを立て、提供することが仕事です。プランニング1件に対して月1万円から1万5千円のケアプラン作成報酬を得られますが、担当する件数が増えれば増えるほど、ケアプラン1件当たりの作成報酬額は減額されます。この条件から、ケアマネージャーとして単独で収入を増やすのは難しいでしょう。

しかし、ケアマネージャーの資格があれば生活の中で仕事に使う時間や、仕事場に関してはある程度自由に可能性を広げていける可能性があります。

ケアマネージャーの可能性

ケアマネージャーの可能性

■在宅勤務が出来る
○主任ケアマネージャー/ケアマネージャーとしては最も裁量権の大きな役職です。平成18年度に新設された職種で、地域のケアマネージャーの取りまとめを行います。仕事内容は新人の指導、育成、相談、ケアプラン作成への支援、地域で事例検討会を開催してケアマネージャーのスキルアップに努めることなどです
○常勤ケアマネージャー/施設勤務のケアマネージャーのように月々定額の固定給で在宅勤務できます。子育て中などで家から離れられない場合の働き方として、選択肢のひとつとなるでしょう

■施設勤務も選べる
○常勤ケアマネージャーとして/常勤の場合、月給で安定的な収入を見込めます。
○非常勤ケアマネージャーとして/非常勤の場合は短時間勤務が一般的ですが、ケアマネージャーの時給は一般職より高いケースが多いようです。

ケアマネージャーは利用者と福祉関係者をつなぐ重要な役割を担いますが、その中にも常勤、非常勤、施設内、あるいは在宅でと言った様々な働き方があります。

ケアマネージャーとしてキャリアアップするには「主任ケアマネージャー」を目指すのが一般的です。
主任ケアマネージャーに昇格するためにはケアマネージャーとして5年以上の実務を積み、都道府県の定める主任介護支援専門家研修を受けなければなりません。
この主任介護支援専門家研修についても2016年度から研修制度改正になることが決まっており、研修時間が従来の64時間から拡大されて70時間になります。
業務の合間を縫って研修を受けるのは大変かもしれませんが、ステップアップのためにぜひ計画を練って実行していただきたいと思います。
なお、主任ケアマネージャーとなった後にも資格維持のために5年おきの研修受講義務がされておりますのでご注意ください。

♪当サイト「介護21」では、職場での悩みを抱える方のために、たくさんの求人情報を掲載しています♪
ご自由にお探しいただき、医療機関宛にご自由に質問・応募していただけます。
東京の介護求人埼玉の介護求人千葉の介護求人神奈川の介護求人