医療法人社団 武蔵野会
グリーンビレッジ朝霞台 Webで施設見学

おうちでゆっくりご覧いただける、施設見学の体感コンテンツです。

supported by 介護21
  1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 朝霞市  > 
  4. 医療法人社団 武蔵野会 グリーンビレッジ朝霞台  > 
  5. webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

医療法人社団 武蔵野会

グリーンビレッジ朝霞台

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

「職場に大事にされている」という実感は、仕事のモチベーションにつながる要素の一つ。働く側の満足度が高まれば、提供するサービスの質も上がっていきそうですよね。戸田中央医科グループ(TMG)の老健「グリーンビレッジ朝霞台」では、利用者様とご家族の満足度調査だけでなく、職員の満足度調査も開始して業務改善を行っているとのこと。現場のニーズから新しい取り組みも導入しているらしいので、さっそく見学に行って調査してきます!

形 態
介護老人保健施設
所在地
埼玉県朝霞市/朝霞台駅
定 員
入所150名(うち認知症50名) 通所40名

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「グリーンビレッジ朝霞台」があるのは、東武東上線「朝霞台駅」・JR武蔵野線「北朝霞駅」から徒歩20分の自然豊かな立地。マイカー通勤(駐車場月2000円)も可能で、電車通勤者のために無料送迎バスも運行していますが、運動をかねて歩いてくるスタッフさんも少なくないそうです。玄関では、介護福祉士の小島さんが迎えてくれました。「ようこそ!今日は自慢の職場をたっぷりとご紹介しますね」。

玄関ラウンジ

玄関を入ると、受付から榮嶋事務長が登場。なんと、TMGの老健では第1号の女性事務長なのだとか!「2019年度の施設目標の一つは、地域の在宅支援機関とのネットワークづくり。今後は在宅復帰を目指す支援に留まらず、在宅生活を維持する支援も強化したいので、施設パンフレットを一新し、関係各所にご挨拶に出向いてサービスをアピールしています」と、榮嶋事務長。理想のサービスを実現するためのプロジェクトチームも結成したそうです。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

療養部長室

横森療養部長のもとへご挨拶に伺うと、うわさの「職員満足度調査」の結果について教えてくれました。「多くの職員が満足している部分は、仲間の接遇マナーが良い点や、職員間のコミュニケーションの多さでした。この調査は匿名のアンケート形式なので、職場に対する本音が書きやすく、見えてきた課題点は管理職で話し合いを重ねて改善していく方針です」と、療養部長。それは素晴らしい!

療養部長室

つづいて、2019年度から導入したeラーニングを見せていただきました。「スキルアップ支援として、施設内研修やTMGの合同研修などは定期的に開催されますが、外部研修に参加しにくい職員もいるので、時間や場所を選ばずにパソコンやスマホから学習できるようにしたんです」。以前は子育てなどの家庭の事情で、外部に学びに行きたくても行けない…という声が多かったんだとか。

通所リハビリ

お次は、明るく開放的なリハビリスペースへ。こちらでは、入所中のリハビリだけでなく、通所リハビリにも対応しているそうです。「目の前には施設庭園があるので、全面ガラスの大きな窓からは、四季折々の景色を楽しむことができます。庭園では、自然に恵まれた立地環境を活かして、たくさんの種類の野菜や果物を育てているんですよ」と、小島さん。ぜひ、庭園も見学させてください!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

庭園

ということで、緑いっぱいの庭園を案内していただきました。「ほら、美味しそうなトマトが実っているでしょう?利用者様への園芸療法として、ナス、カボチャ、ゴーヤなどの野菜を栽培しているほか、屋上にも小さな畑を作って、スイカを育てているんです」と、小島さん。庭園は、屋外歩行訓練の場としても活用しているんだとか。

リハビリスペース

リハビリスペースに戻り、理学療法士の山本さんを紹介していただきました。「前職は全く異なる業種でしたが、学生時代から理学療法士の仕事に憧れていて、TMGの奨学金制度を利用して進学したんです。当施設には、異業種からの転職者も歓迎してくれる雰囲気があり、介護部門にも社会人から介護福祉士を目指して入職される方が増えています」と、山本さん。

入所フロア

入所フロアへ伺うと、介護職の新人さんが先輩の指導を受けていました。「介護部門では、新卒者はもちろん、中途入職の方にもプリセプターの先輩を付け、業務に慣れるまでマンツーマンのOJTを行っています。TMGでは介護職向けの能力開発ラダーを構築しているので、一人立ち後も目標を明確化し、段階的なキャリアアップを目指すことができるんです」と、小島さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

サービスステーション

「こちらは、ケアマネージャー兼介護職として働く隈川さんです」と、小島さん。珍しい働き方ですね~。「そうですね。現場の仕事も好きですが、ケアマネージャーの資格取得を機に、学んだ知識を活かして働きたいと上司に相談すると、兼務を提案していただけたんです。当施設では前例がなかった働き方ですが、私の希望を汲んで柔軟に対応していただけたことに感謝しています」と、隈川さん。

サービスステーション

つづいて、仕事と子育てを両立中のお2人のママさんを紹介していただきました。子育て中の職員は多いですか?「はい。ママさんだけでなく、同じ年頃の子どもを持つパパさんや、お孫さんを持つ先輩も多いので、よく子育ての話題で盛り上がります。介護職の産休・育休取得実績は年々増え続けていて、子どもが小さいうちは、日勤常勤や時短勤務などの勤務形態も選べるため、スムーズに復帰する方がほとんどです」と、ママさんのお2人。

廊下

最後は、多職種の皆さんが集まってくれました。より魅力的な職場を目指して、これから改善していきたい点はありますか?「未経験の新人さんが職場に早く馴染めるように、導入研修を充実させたいと考えています。2019年度から、介護福祉士の受験資格である『実務者研修』に日勤扱いで参加できるようになったので、これから介護の資格取得を考えている方も大歓迎!ぜひ、当施設で介護職としての第一歩を踏み出して欲しいです」と、皆さん。今日はありがとうございました!

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――お疲れさまでした。職員満足度を追求している老健、いかがでしたか

うわさ通り、定期的に職場への満足度調査を行っていて、現場のニーズから教育サポートや待遇面などを見直していました。eラーニングの導入、希望に合わせた勤務形態の提案、資格取得支援の充実など、ここ数年の間に改善した点も多く、今後もより魅力的な職場を目指して新しい取り組みを積極的に取り入れたいそうです。

――どんな介護スキルを身に付けられる職場でしょうか?

入所フロアは一般棟と認知症専門棟があり、通所リハビリも提供しているので、介護予防から在宅復帰支援、退所後のサポートまで、幅広い介護スキルを身に付けることができる職場です。医療法人グループの一員なので、医療依存度の高い方への対応も学ぶことができますし、看取り介護にも携わることができます。

――では、ここはちょっと、といった部分は?

駅からちょっと遠いことでしょうか。でも、マイカー通勤もできますし、駅からバスも出ています。運動もかねて駅から歩いて通っている方もいましたし、趣味の自転車で通勤している方などもいて、皆さんそれぞれ通勤時間を楽しんでいるようです。

――最後にここだけの話を教えてください

横森療養部長は、TMGのグループ機関で訪問看護師としての経験が長く、訪問看護認定看護師の資格も持っていました。訪問看護師時代から、老健のスタッフに在宅について詳しく知って欲しいという想いがあったそうで、在宅生活に関する専門教育を自ら行っていきたいとおっしゃっていました。

働く側の満足度を大切にしている職場で働きたい方

結婚・出産後もキャリアを継続したい方

募集職種を見る