社会福祉法人 長寿村
くめがわ翔裕園 Webで施設見学

おうちでゆっくりご覧いただける、施設見学の体感コンテンツです。

supported by 介護21
  1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 東村山市  > 
  4. 社会福祉法人 長寿村 くめがわ翔裕園  > 
  5. webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学
職場の舞台裏、もっと知りたい…。実際の様子やスタッフを見たい…。そんなあなたに代わって、見学に行ってきました!写真と文章でお届けします。ゆっくりご覧ください。

社会福祉法人 長寿村

くめがわ翔裕園

( グループホーム・看護小規模多機能型居宅介護 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

無資格・未経験から介護の仕事に挑戦する方にとって、職場選びは悩みどころの一つ。施設の種類はさまざまですから、自分に合った環境を選びたいですよね。東京都東村山市にある「くめがわ翔裕園」は、グループホームと看護小規模多機能型居宅介護(通称/かんたき)の複合型介護施設。アットホームな環境下で幅広い介護経験を積めるため、新人介護職の定着率が高いんだとか。さっそく見学に行って、働く魅力をチェックしてきます!

形 態
グループホーム・看護小規模多機能型居宅介護
所在地
東京都東村山市/久米川駅
定 員
グループホーム18名(2ユニット) 看護小規模多機能型居宅介護 登録定員25名(通い15名/宿泊6名)

百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

「くめがわ翔裕園」へのアクセスは、西武新宿線「久米川駅」北口から徒歩8分。駅周辺は落ち着いた街並みですが、「西武新宿駅」まで30分と、気軽に都心へ出られる立地です。玄関で迎えてくれたのは、無資格・未経験から介護の仕事に挑戦したという與那嶺(よなみね)さん。資格取得のため、入職から約4カ月間は週1回学校に通い、初任者研修を修了したそうです。今日はよろしくお願いします!

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

かんたき

まずはかんたきに伺うと、宮崎施設長にバッタリ遭遇。「施設長はケアマネージャーの資格を持っていて、現場経験が豊富なんです」と、與那嶺さん。「当施設所属の元気村グループには、現場経験を持つ施設長が多く、部下達にロールモデルを示すと同時にキャリアの相談に乗っています。最近では、與那嶺さんのように無資格・未経験で入職する職員も増えているので、資格取得を応援したり、グループ施設での研修を提案したりと、成長を手厚くサポートしているんですよ」と、施設長。

施設内研修の様子

「こちらは、先日開催した施設内研修の写真です」と、施設長が写真を見せてくれました。「グループ法人内の整形外科の医師に来ていただき、外部のケアマネさんと職員が共に学ぶ研修を行いました。緊張感の中での学びができたと思います」と、施設長。それは素晴らしい研修ですね!

かんたきのリビング兼食堂

つづいて、かんたきのリビング兼食堂を紹介していただきました。「かんたきは、通っていただく『デイサービス』を中心に、短期間の『宿泊サービス(ショートステイ)』、必要に応じての『訪問サービス(訪問看護・介護)』を組み合わせて提供するサービスで、配属スタッフは全てのサービスに関わるため、幅広いスキルを身に着けることができるんですよ」と、與那嶺さん。

駐車場

駐車場には、訪問看護・介護用の送迎車がありました。「かんたきの利用者様は東村山市にお住いの方のみで、登録定員は25名と少数なので、一般的な訪問看護・介護事業所の働き方とは異なります。介護の仕事が初めての方にとって、一人で訪問に出向くのはハードルが高く感じるかもしれませんが、デイサービスやショートステイで顔なじみの利用者様のご自宅に伺うので、それほど緊張しなくても大丈夫ですよ」。

グループホームの入口

お次は、與那嶺さんが働くグループホームへ。木のぬくもりが感じられる入口、とてもステキですね。「ありがとうございます。グループホームは、18名の定員を9名ずつの小規模生活単位に分け、『向日葵』と『桜』という2つのユニットで運営しています。特養と比較すると、医療依存度・要介護度が低い利用者様が対象ですが、認知症の方が多いため、環境変化のストレスがかからないように一般在宅のような環境づくりに努めているんです」。

グループホームのキッチン

グループホームのキッチンでは、利用者様と介護職員が協力して毎日の食事を手作りしているそうです。「グループホームは認知症高齢者の方が共同生活を営む場所なので、心身の状態に配慮した上で、調理、掃除、洗濯などに携わっていただきます。私はもともと料理が好きで、前職は調理師をしていたので、キャリアを活かして働くことができているんです」。主婦・主夫の経験も活かすことができそうですね。

グループホームの居室

グループホームの居室には、自宅で愛用していた家具や身の回りのものをお持ちいただくことができるんだとか。「お部屋の雰囲気は利用者様ごとに個性が出ていて、会話のきっかけになりやすいです。利用者様の中には、離床介助や着替えの手伝い、おむつ交換が必要な方もいらっしゃるので、入職後は一人ひとりの利用者様への理解を深め、こんなふうに先輩のフォローを受けながら業務を覚えていきます」と、與那嶺さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

敬老会の様子

「当施設では利用者様に四季の変化を感じていただけるように、さまざまな年間行事を開催しています」と、敬老会の写真を紹介してくれました。とっても楽しそうな雰囲気ですね。「施設行事は、かんたきとグループホーム合同で行うことが多く、地域密着型の施設として、地域の方を招くイベントも充実させています。当施設のホームぺージには、行事の様子を紹介しているブログもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!」。

職員用の休憩室

つづいて、職員用の休憩室へ。キッチンスペースには、冷蔵庫、ポット、電子レンジなどがあり、くつろげる畳スペースまで完備されています。「畳でちょっと横になると、疲れもスーッと抜けていきます。職員食堂はありませんが、ここでお弁当を食べてゆっくりできるんですよ」と、與那嶺さん。休憩室のお隣には、男女別のロッカー室があり、職員用の設備もしっかり整っていました。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

フロア

最後は、多職種の皆さんが見送ってくれました。とても魅力的な施設ですが、働きやすさはどうですか?「月9日の公休はもちろん、有休も希望に合わせてしっかり消化できますし、残業がほとんど発生しないため、家庭やプライベートを大切にしながら働くことができます。子育てや家族の介護と仕事を両立している職員も多く、もうすぐ産休・育休から復職予定の職員もいるんですよ」と、皆さん。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――おつかれさまでした。グループホームとかんたきの複合施設、いかがでしたか?

介護施設と言えば、特養や老健を思い浮かべがちですが、少人数で家庭的な「グループホーム」や、多様なサービスを一体的に提供する「かんたき」も、働く魅力がたくさんあるな~と感じました。「くめがわ翔裕園」は、医療依存・要介護度が低い方が対象の施設なので、介護の仕事が初めての方でも挑戦しやすいと思います。

――働きながら資格を取得することもできるんですね。

はい。介護職は無資格・未経験でも働けますが、資格取得を目指す方には、勤務の調整をして仕事と勉強の両立を応援しているそうです。案内をしていただいた與那嶺さんは、働きながら初任者研修を取得したそうで、これから実務経験を積み、介護福祉士の資格にもチャレンジしたいそうですよ。

――では、ここはちょっと、というところは?

施設長としては、元気村グループの特徴を活かして、教育サポートを一層充実させたいそうです。現在も、近隣のグループ施設での職場体験研修を行っているそうですが、今後はそのような機会をもっと増やしていきたいんだとか。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

運営している法人「社会福祉法人長寿村」では、今後も新しい施設の立ち上げを行っていく方針とのこと。施設数の拡大に伴い、施設を超えた職員交流にも力を入れていきたいそうで、将来的な期待が持てる法人だと感じました。

無資格・未経験から介護の仕事にチャレンジしたい方

小規模でアットホームな介護施設で働きたい方

募集職種を見る