1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 葛飾区  > 
  4. 医療法人社団 明芳会 葛飾ロイヤルケアセンター  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 明芳会

葛飾ロイヤルケアセンター

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

介護職の需要が高まる今、無資格・未経験者の入職も歓迎する施設が増えています。でも「経験がなくても本当に大丈夫?」「やりがい・楽しさを感じられる?」など、不安を感じる方も多いはず。老健「葛飾ロイヤルケアセンター」では、職員が介護の仕事を心から楽しめるよう、自由な発想で独自のサービスを導入していそうです。一体どんなサービスを提供しているのか、教育環境・働きやすさにも注目しながら見学に行ってきます!

■形 態 :
介護老人保健施設
■所在地 :
東京都葛飾区/堀切菖蒲園駅
■定 員 :
入所150名 通所60名
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

京成本線「堀切菖蒲園駅」周辺は、東京下町の温かさを感じる街並み。駅前商店街には活気があり、お手頃な値段のお惣菜屋さんが充実しています。「葛飾ロイヤルケアセンター」があるのは、駅から8分ほど歩いた場所で、敷地内には「新葛飾ロイヤルクリニック」が併設され、道を挟んだ目の前には「イムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院」があります。 玄関で迎えてくれたのは、介護福祉士の井上さん。今日はよろしくお願いします!

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

相談スペース

玄関を入ると広い相談スペースがあり、ソーシャルワーカーさんが入所希望の方のご家族と面談していました。「当施設の方針・サービスを気に入ってくださるご家族が多く、最近は入所の相談がとても増えています。在宅復帰率は常に約40%台と高い割合を維持していて、退所後の在宅療養サポートも充実しているのが大きな強みです。2018年度には、老健として最高ランクの『超強化型』の認定を受けたんですよ」。

デイケア

デイケアへ行ってみると、リハビリスタッフさんによる体操プログラムの最中でした。「今日は通常のプログラムですが、季節行事やオリジナルのイベントも充実させています。例えば、『たまにはお酒が飲みたい』という声に応えて、月1回はアルコールとおつまみを提供する『ほろ酔いデー』を開催しています。また、『動物と触れ合いたい』という声も多いので、『訪問動物園』の開催も計画中なんですよ」。すごく楽しそう~!

創意工夫を伺う独自の取り組み

夢プランの写真

「こちらは、先日開催した夢プランの写真です。入居者様の旦那様が眠る靖国神社を参拝し、帰りに鰻を食べて来ました」と、紹介してくれた井上さん。夢プランって何ですか?「入居者様の『○○がしたい!』を叶える個別援助計画です。日々のコミュニケーションの中で要望を伺い、他職種の協力も得ながら実施しています。このプランでは、入居者様が100歳近い方だったので、安全面に十分配慮するため、看護師、ケアマネージャー、リハビリスタッフにも同行したんですよ」。

デイケア

デイケアフロアに、多職種の皆さんが集まってくれました。こちらの施設で働くやりがいって、どんなところですか?「みんなで自由にアイディアを出し合い、常識にとらわれない発想で新しいサービスを生み出していけるところですね。地域のボランティアの方も多くいらっしゃるので、入居者様を楽しませるヒントをいただいています。身体介助にとどまらず、夢プランやイベント開催を通して、『役に立てた』『笑顔を引き出せた』と感じられる機会がたくさんあります」と、皆さん。

廊下

井上さんに、介護部門の研修計画を見せていただきました。「所属するIMS(イムス)グループには『介護職ラダー』が設けられているので、全職員共通のテーマだけでなく、レベル別の研修も充実しています。無資格・未経験の新人さんでも、1年間で一人前の介護職になれるよう、毎月さまざまなテーマで開催されているので安心してください。グループの合同研修や、外部研修にも積極的に参加できますし、資格取得支援制度も整っています」。

居室

お次は、居室を見学させていただきました。ベッドサイドに張ってある紐は、一体何ですか?「事務スタッフが作ってくれた『クリップセンサー』です。この紐はナースコールのセンサーと連動していて、入居者様がベッドから降りようとすると、スタッフステーションに知らせてくれる仕組みになっています。主に、認知症で転倒リスクがある方のベッドサイドに取り付けているんですよ」。事務スタッフさんも、入居者様の安全確保に貢献してくれているんですね。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

入所フロア

つづいて入所フロアで、EPA(経済連携協定)で受け入れた外国人介護職のお2人を紹介していただきました。「私たちはフィリピンで看護師をしていて、日本の介護を学ぶために来日しました。とても親切な先輩ばかりで、専門知識・技術の指導だけでなく、日本語や日本の文化も教えてくださり、安心して働くことができています」と、お2人。外国人介護職を受け入れたことで、現場のコミュニケーションも活発になったんだとか。

入所フロア

入職後の現場教育は、専属の教育担当者が1対1で向き合っているとのこと。「教育担当には経験豊富な介護職が付き、新人さんのレベルに合わせた指導計画を立てて、業務に自信が付くまでマンツーマンでサポートしています。教育担当以外の職員も指導に入りやすいよう、新人さんの成長をフロア全体で共有しているので、教育担当の先輩がお休みの日も安心ですよ」と、井上さん。

スタッフステーション

スタッフステーションを覗くと、多職種カンファレンスが開催されていました。多職種で話し合いをする機会は多いですか?「はい。当施設では、多職種協働のチームケアを重視しているので、各職種の視点から入居者様の状況を把握し、カンファレンスで共有し合いながら個別の支援計画を立てています」と、井上さん。職種を越えたチームワークの良さも、高い在宅復帰率につながっていそうですね。

ベランダ

最後は、東京スカイツリーが一望できるベランダへ。「最寄の『堀切菖蒲園駅』からはソラマチも近く、仕事帰りのお買い物に便利です!福利厚生として『借り上げ寮制度』があり、住宅手当+家賃補助が付くので、暮らしやすい東京下町にリーズナブルな値段で住むことができます」と、井上さん。それは耳寄りな情報!今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――自由な発想で独自のサービスを導入している老健、いかがでしたか?
季節行事やレクリエーションの開催に加え、個別の要望を叶える「夢プラン」や、お酒を提供する「ほろ酔いデー」など、オリジナルの取り組みが充実していました。入居者様の笑顔と満足のために、「訪問動物園」や「外出レクリエーション」なども計画中だそうで、今後も魅力的な取り組みがスタートしそうな施設でしたよ!
――教育環境や働きやすさはどうでしたか?
年間研修計画が設けられ、新人さんへの現場教育も手厚かったです。無資格・未経験者の受け入れ実績も多く、働きながら資格を取得できるようサポートしてもらえるとのこと。多くの病院・介護施設を展開するIMSグループに所属する施設なので、待遇・福利厚生面もしっかり整っていますし、残業もあまり発生せず、休日はしっかり取得できるそうですよ。
――では、ここはちょっと、という点は?
早期に在宅復帰される入居者様が多いため、じっくり長く向き合いたい方には向いていないかもしれません。でも、退所後にデイケアを利用される方も増えていて、地域の関係職種から在宅の様子を聞く機会も多いそうです。
――最後に、ここだけの話を一つお願いします。
現場では、多職種一丸となって在宅復帰を目指す士気を高めるために、「チーム葛ロイ」という愛称を付けて取り組んでいました。介護職だけでなく、看護師、リハビリスタッフ、相談員なども同じ方向を向いていて、チームワーク抜群の職場でした!

入居者様を笑顔にするイベント・レクリエーションを考えていきたい方

無資格・未経験から在宅復帰に力を注ぐ老健で働きたい方

募集職種を見る