医療法人社団 八葉会
レーベンハウス Webで施設見学

おうちでゆっくりご覧いただける、施設見学の体感コンテンツです。

supported by 介護21
  1. HOME  > 
  2. 東京都  > 
  3. 足立区  > 
  4. 医療法人社団 八葉会 レーベンハウス  > 
  5. webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 八葉会

レーベンハウス

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

レーベンハウスの見学の下調べ

高齢化が進む昨今、医療・介護・リハビリに関わる仕事の需要は増え続けていて、どんな職場を選ぶべきか悩んでしまう方も多いはず。足立区西新井にある老健「レーベンハウス」は、施設内・敷地内と近隣に運営母体の「医療法人 八葉会」の関連施設が集まっていて、高齢者を地域で支える仕組みを学べる環境とのこと。「実働7時間」という働きやすさも整っているそうなので、さっそく見学に行って職場環境をチェックしてきます!

形 態
介護老人保健施設
所在地
東京都足立区/江北駅
定 員
入所定員100名 ショートステイ定員30名 通所者定員60名
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

百聞は一見にしかず見学開始!!

レーベンハウスの玄関

玄関

「レーベンハウス」へのアクセスは、日暮里・舎人ライナー「江北駅」から徒歩約3分。施設の目の前には、「あみだ橋」バス停があるため、「西新井駅」「王子駅」「池袋駅」などからバスで通勤する方も多いとのこと。玄関で迎えてくれたのは、介護福祉士さん(写真左)と介護スタッフさん(写真右)。介護職は無資格・未経験者も大歓迎で、働きながら資格取得に挑戦できるため、7割近い方が介護福祉士の資格を有しているそうです。

玄関の次
レーベンハウスの玄関ロビー

玄関ロビー

まずは、運営母体の「医療法人 八葉会」のパンフレットを見せていただきました。近隣にグループ施設が集まっているそうですね。「ええ。精神科病院の『大石記念病院』が隣接しているほか、施設内に地域包括支援センターと居宅介護支援事業所が併設されています。また、徒歩圏内に訪問看護ステーションや指定居宅サービス事業所・指定介護予防サービス事業所などもあり、密に連携しているんですよ」。

玄関ロビーの次
レーベンハウスの受付窓口

受付窓口

受付窓口で、人事・採用担当の事務長にお会いしました。どんな方に向いている職場でしょうか?「幅広い経験を積みながら長く働きたい方にぴったりな職場です。私自身も20年以上働く中で、介護の現場や相談員などの仕事を経験し、事務長に就任後は人事・採用業務にも携わっています」と、事務長。いろいろ挑戦できる職場なんですね。

受付窓口の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

レーベンハウスの通所リハビリ

通所リハビリ

通所リハビリには、実務者研修を受講中の介護スタッフさんが働いていました。「介護業界の将来性に魅かれて、まったく異なる業種から転職しました。無資格・未経験だったため、入職後すぐに初任者研修を受講し、現在は実務者研修を受講中です。実務者研修の費用の6割が法人負担で、スクーリングの交通費も支給してもらえるので助かっています」。

通所リハビリの次
レーベンハウスの入所フロアのスタッフステーション

入所フロアのスタッフステーション

入所フロアのスタッフステーションでは、看護師さんが働いていました。「看護部は、非常勤スタッフを合わせて約10名体制で(2021年11月)、利用者様の医療依存度が年々高まっているため、増員して体制強化を図る方針です。介護施設での仕事が初めての方も大歓迎で、経管栄養や喀痰吸引などの医療処置に携わる機会が多いため、病院での経験を活かして働けると思います」と、看護師さん。

入所フロアのスタッフステーションの次
レーベンハウスの居室

居室

居室を覗くと、介護職の新人さんへの指導が行われていました。「入職後は業務に慣れるまで教育担当の先輩が付き、こんなふうにマンツーマンのOJTを行っています。また、看護師が医療に関する知識を教えてくれたリ、リハビリスタッフが身体介助のコツを教えてくれたり、他職種の先輩も新人さんの成長を応援してくれるので心強いと思います」。

居室の次
レーベンハウスのリハビリテーション室

リハビリテーション室

つづいて、リハビリテーション室を案内していただきました。広くて開放的な空間ですね。「ええ、快適にリハビリに取り組んでいただけるように、余裕のあるスペースを確保し、各種訓練設備・機器を充実させています。リハビリスタッフは、こちらでの入所中のリハビリに加えて、通所リハビリと訪問リハビリにも対応し、介護予防や退所後のサポートにも取り組んでいるんですよ」。

リハビリテーション室の次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

レーベンハウスの入所フロア

入所フロア

入所フロアに戻ると、多職種の皆さんが集まってくれました。働きやすさはどうですか?「職種を超えたチームワークが抜群で、とても働きやすい職場です。みんなで助け合いながら業務に取り組んでいるため、残業は滅多になく、毎日ほぼ定時に退勤できています。また、日勤は8時45分から17時までで、実働7時間であることも魅力で、年齢を重ねても続けられる職場だなと感じています」と、皆さん。

入所フロアの次
レーベンハウスのスタッフステーション

スタッフステーション

お次はスタッフステーションで、シフト表を見せていただきました。お休みの希望は通りますか?「ええ、通りやすいです。ワークライフバランスを大切にできる職場なので、どの部署にも子育て中のママさんが活躍しているのですが、お子さんの行事には参加できるように上司が調整していますし、お子さんの急な体調不良による勤務変更にも柔軟に対応しています」と、お2人。

スタッフステーションの次
レーベンハウスの屋上

屋上

屋上から、周辺の景色を見せていただきました。「立地環境も大きな魅力で、駅やバス停が近いだけでなく、徒歩圏内にスーパーの数が多く、ホームセンターやドラッグストアなどもあり、仕事帰りのお買い物にとても便利なんです。都内にしては比較的家賃相場も安く利便性も良いことから、当施設への入職を機に近隣に引っ越すスタッフもいます」。

屋上の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

レーベンハウスの職員食堂

職員食堂

最後は、お2人がお気に入りの職員食堂へ。異国情緒漂う空間でステキですね。「ええ。施設内は福祉の先進国・北欧風のデザインで統一されていて、職員食堂は北欧の街並みを再現しています。法人合同の福利厚生のため、大石記念病院やグループ施設の職員も多く利用しており、美味しい手作りランチは1食250円とリーズナブルで大人気なんですよ!」。魅力的な福利厚生ですね。今日はありがとうございました。

職員食堂の次
※マスクなしの写真は撮影時のみマスクをはずしています。もしくは以前の写真です。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

おつかれさまでした。高齢者を地域で支える仕組みを学べる老健、いかがでしたか?

――おつかれさまでした。高齢者を地域で支える仕組みを学べる老健、いかがでしたか?

運営母体の「医療法人社団 八葉会」の施設が近隣に集まっていて、施設間の密な連携体制を活かして、地域の高齢者の安心・安全な生活を支えていました。併設された「地域包括支援センター」「居宅介護支援事業所」からは、利用者様の紹介があり、隣接の「大石記念病院」との連携も手厚いようです。

――働きやすさはどうでしたか?

とても働きやすい環境が整っていて、どの部署にも家庭を持つ女性スタッフがたくさん活躍していました。日勤は実働7時間で、残業はほとんどなく、休みの希望も通りやすいため、結婚・出産後も働き続ける方が多く、産休・育休後の職場復帰率はほぼ100%なんだとか。

――では、ここはちょっと、というところは?

人事担当の事務長さんとしては、長く働く職員が多く、職員の平均年齢が年々上がっているため、世代交代を見据えた採用を行っていきたいとのこと。最近では、教育や資格取得支援に力を注ぎ、経験の浅い新人さんが一人前に育つ環境を整えているそうですよ。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

リフレッシュやプライベートの充実のために、どの部署でも有休を気兼ねなく取得できる環境を整えているとのこと。そのため、月1~2回は有休を取る方が大半で、消化率がとても高かったです。

他職種やグループ施設と連携し、地域の高齢者の暮らしを支えていきたい方

ワークライフバランスを大切にできる職場で、長く働き続けたい方

募集職種を見る