医療法人社団 明理会
草加ロイヤルケアセンター Webで施設見学

おうちでゆっくりご覧いただける、施設見学の体感コンテンツです。

supported by 介護21
  1. HOME  > 
  2. 埼玉県  > 
  3. 草加市  > 
  4. 医療法人社団 明理会 草加ロイヤルケアセンター  > 
  5. webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 明理会

草加ロイヤルケアセンター

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

草加ロイヤルケアセンターの見学の下調べ

介護の仕事に初めて挑戦する方にとって、どんな介護施設が自分に向いているかを判断するのは難しいですよね。IMS(イムス)グループの老健「草加ロイヤルケアセンター」は、多床室中心の従来型フロアと、完全個室のユニット型フロアに分かれていて、かつ、在宅復帰支援だけでなく、看取りケアや重症身心障害者の短期入所など、さまざまなサービスに対応しているとのこと。自分に向いている介護を探せそうな職場なので、さっそく見学に行って、どんなところか見てきます!

形 態
介護老人保健施設
所在地
埼玉県草加市/松原団地駅
定 員
入所152名 通所60名

百聞は一見にしかず見学開始!!

草加ロイヤルケアセンターの玄関

玄関

「草加ロイヤルケアセンター」へのアクセスは、JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」か、東武スカイツリーライン「新越谷駅」と施設を結ぶ送迎バスが便利。敷地内には無料駐車場も完備されているので、マイカー通勤をしている方も多いそうです。玄関で迎えてくれたのは、医事課スタッフの大網さん。「お待ちしてました!今日は自慢の職場を、たっぷりとご紹介しますね」。

玄関の次
草加ロイヤルケアセンターの玄関

玄関

まずは玄関で、施設の構造について教えていただくことに。「3F建ての施設内には、ユニット型フロア(定員72名)と従来型フロア(定員80名)があり、退所後のサポートとして通所リハビリ(1日定員60名)も運営しています。ユニット型フロアは、12名1単位の6つのユニットに分かれていて、重症身心障害者の方を含む医療・福祉型ショートステイに対応していることが特徴。従来型フロアは、一般棟と認知症専門棟に分かれていて、居室は個室・2人部屋・4人部屋があります」。

玄関の次

創意工夫を伺う独自の取り組み

草加ロイヤルケアセンターのロビー

ロビー

玄関を入ったロビーでは、看護部長の梅村さん(写真左)と、副部長の熊田さん(写真右)が迎えてくれました。「当施設では、看護師と介護職が同じチームの仲間として協働・連携しやすいように、介護職も看護部所属としています。部長は看護師、副部長は介護福祉士で、制服も同じなので、対等な関係性を築いて専門性を発揮できているんですよ」と、大網さん。それは素晴らしい!

ロビーの次
草加ロイヤルケアセンターの通所リハビリ

通所リハビリ

「吹き抜けのリハビリテーションホールは、開放的な雰囲気でとても好評です」。わぁ、本当だ!施設では、在宅復帰に向けたリハビリに力を注いでいるんですか?「もちろんです。でもそれだけでなく、医療ニーズへの対応、認知症ケア、看取り介護など、幅広いサービスに対応できる老健でありたいと考えているんです」と、大網さん。近隣のグループ病院との連携も活かして、住み慣れた地域で暮らし続けるための体制づくりに取り組んでいるんだとか。

通所リハビリの次
草加ロイヤルケアセンターのユニット型フロア

ユニット型フロア

お次は、家庭的なユニット型フロアにやってきました。「ユニット型フロアでは、2つのユニットが助け合う『協力ユニット体制』で、合同でレクリエーションを開催したり、人手不足をカバーし合ったりしています。スタッフが少数というユニットケアのデメリットが解消できているため、手の込んだレクリエーションやイベントを企画しやすく、ときどき近くの『イオンレイクタウン』で外食レクを楽しむこともあるんですよ」。

ユニット型フロアの次
草加ロイヤルケアセンターのユニット型フロア

ユニット型フロア

共同スペースを覗くと、新人指導が行われていました。「入職後は、新卒者にも中途入職者にもプリセプターの先輩を付け、マンツーマンのOJTを実施しています。IMSグループは教育サポートが手厚く、実務者研修の従業員割引制度や、介護福祉士試験の模擬テストなども用意されているため、働きながら資格取得を目指す方も多いです」と、大網さん。介護スタッフの7割弱は、介護福祉士の資格を有しているそうです(2019年11月)。

ユニット型フロアの次
草加ロイヤルケアセンターの従来型フロア 一般棟

従来型フロア 一般棟

つづいて、従来型フロアの一般棟へ。ユニット型フロアとは雰囲気が違いますね~。「そうですね。配属先は個々の希望・適性に配慮して決定し、スキルアップのための人事異動も行っているので、一つの職場で幅広い介護経験を積むことができます。また、さまざまな専門職の介入も盛んで、栄養士と言語聴覚士による嚥下評価・訓練や、歯科衛生士による口腔ケア、音楽療法士によるプログラムなども充実させているんですよ」。音楽療法士さんも活躍しているんですね!

従来型フロア 一般棟の次

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

草加ロイヤルケアセンターの音楽療法プログラムの様子

音楽療法プログラムの様子

「当施設には、2名の音楽療法士を常勤スタッフとして採用し、各フロアで音楽療法プログラムを開催しているんです」と、写真を見せてくれました。常勤スタッフとして採用、って珍しいですよね。「はい。当施設では、歌を唄ったり、楽器を演奏したり、音楽の持つ力を生かしたリハビリテーションを通して心身の回復や生活の質の向上を図っているんですよ」と、大網さん。昔の曲を歌うことで、当時のできことが回想される利用者様も多く、利用者様同士の会話も弾むんだとか。

音楽療法プログラムの様子の次
草加ロイヤルケアセンターの従来型フロア

従来型フロア

スタッフの皆さんは、認知症サポーターの証であるオレンジリングを身に付けています。「当施設では、職種に関係なくほとんどのスタッフが『認知症サポーター養成講座』を修了し、正しい知識を持った上で関わっています。地域交流活動として、認知症介護に携わる近隣住民の方を招いた『オレンジカフェ』も定期開催していて、多くの参加者が集まっているんですよ」と、皆さん。

従来型フロアの次

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

草加ロイヤルケアセンターのサンキューカードの掲示板

サンキューカードの掲示板

廊下を歩いていると、たくさんのサンキューカードが貼られた掲示板を発見!「こちらのサンキューカードは、職場のコミュニケーションの活性化を目指して、2019年度から導入した取り組みです。仲間への『ありがとう』の感謝の気持ちをカードに記して伝えることで、仕事のモチベーションアップにつなげています」と、大網さん。素敵な取り組みですね!

サンキューカードの掲示板の次
草加ロイヤルケアセンターのユニットの共有スペース

ユニットの共有スペース

最後は、ユニットの共有スペースに多職種の皆さんが集まってくれました。職場の働きやすさはいかがですか?「残業が少なく、休みの希望も通りやすいため、職員定着率がとても高いです!その分、職員の年齢層が年々上がっており、今後は世代交代を見据えて、若手の育成に力を注ぐ方針。指導スキルの高い先輩ばかりなので、介護の仕事に初めて挑戦する方も安心して応募して欲しいです」と、皆さん。それは心強い!今日はありがとうございました。

ユニットの共有スペースの次

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

おつかれさまでした。さまざまなサービスに対応している老健、いかがでしたか?

――おつかれさまでした。さまざまなサービスに対応している老健、いかがでしたか?

一つの施設にユニット型フロアと従来型フロアがあり、幅広い利用者様に対応しているので、施設選びに悩んでいる方にピッタリな職場だと思います。老健の大きな役割である在宅復帰支援はもちろん、医療ニーズへの対応や、認知症ケア、看取りケアにも取り組んでいて、さまざまな専門職が活躍していました。

――どんな介護スタッフが活躍していましたか?

介護スタッフの年齢は20代~60代と幅広いそうですが、40代~50代のベテランが多いそうです。今後は、新卒・第二新卒をはじめ、未経験から介護の仕事に挑戦する若手を積極的に採用する方針だそうで、IMSグループの教育体制を活かして成長を応援していきたいんだとか。

――では、ここはちょっと、というところは?

スタッフの皆さんは有休を1時間単位で取得する「時間休」をよく利用するため、駅からの送迎バスの本数を増やして欲しいとの声が上がっているそうで、送迎バスの本数を増やす計画を立てているそうです。それによって、有休消化率を更に上げたいそうですよ。

――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。

一つの施設内にユニット型フロアと従来型フロアがある老健は、IMSグループ内でも珍しいとのこと。介護職が未経験の方は、自分に向いているサービスや、興味のある領域に出会うためにも、まずは幅広い経験をしてみるのがオススメ!と皆さんおしゃっていました。

一つの職場で幅広い介護経験を積みたい方

働きながら介護福祉士の資格取得を目指したい方

募集職種を見る