1. HOME  > 
  2. 神奈川県  > 
  3. 横浜市金沢区  > 
  4. 医療法人社団 孝和会 能見台パートリア  > 
  5. webで病院見学
おうちでゆっくり見学できます。webで施設見学

医療法人社団 孝和会

能見台パートリア

( 介護老人保健施設 )

編集部が取材しました

見学の下調べ

人間関係が良好な職場は、スタッフが気持ちよく働けて、そのことがご利用者への「サービスの質」の向上にもつながるはず。介護老人保健施設「能見台パートリア」では、職種・部署を超えた信頼関係を築き、抜群のチームワークで高い在宅復帰率を達成しているんだとか。さっそく見学に行って、職員の関係性をチェックしてきます!

■形 態 :
介護老人保健施設
■所在地 :
神奈川県横浜市金沢区/能見台駅
■定 員 :
入所150床 通所リハビリテーション45名
百聞は一見にしかず見学開始!!

玄関

京急本線「能見台駅」は、便利な「横浜駅」から急行で約20分。ベッドタウンとして人気を集めていて、駅周辺は商業施設が充実しています。介護老人保健施設「能見台パートリア」があるのは、駅から徒歩約8分の穏やかな丘陵地。玄関では、支援相談員の今治さんが笑顔で迎えてくれました。「ようこそ!今日は、自慢の職場をたっぷりと紹介しますね」。

パートリア診療所

広い敷地内には、関連施設の「パートリア診療所」が併設されています。「早期在宅復帰を目標とする当施設では、入所中に解決すべき課題に目を向けるだけでなく、退所後の生活まで見据え、診療所やデイケアを通して、在宅生活継続のためのサポートを行っています。診療所は、健康診断などで職員も利用していて、医療費を一部負担してもらうことができるんですよ」と、今治さん。

受付事務

玄関を入ると、受付事務で今治さんの上司を発見。今治さん、支援相談員ってどんな仕事をしているんですか?「施設の顔として、入所を希望される本人・ご家族をお迎えしての面談や施設見学の案内が主な業務です。上司の増田さんは、地域の病院とのネットワークづくりに取り組んでいて、退院後の生活の場に当施設を選んでいただけるよう、当施設の魅力をアピールしてくれているんですよ」。

特徴は”名”を聞く名物・名所・名スタッフ

入所フロア

お次は入所フロアで、看護介護部長の入江さん(写真左)と、介護主任の桜井さん(写真中央)を紹介していただきました。「『キャリア段位制度』の評価者である2人は、現場教育に深く関わりながら人事評価を行っています。2017年度から、介護職員の処遇改善を図る目的で『加算(I)』を算定したので、個々の目標の達成度が、しっかりと給与に反映されるんですよ」と、今治さん。それはモチベーションが上がりますね!

入所フロア

つづいて、実際の指導風景を見学させていただきました。「介護部門では多くの実習指導者を育成し、介護実習を積極的に受け入れているので、指導力の高い職員が多く、新人さんにもきめ細かなサポートが行えています。『資格取得支援制度』を設け、キャリアアップも応援しているので、介護職の約80%が介護福祉士の資格を取得しているんですよ」と、今治さん。それは素晴らしい!

談話スペース

談話スペースの一角で、多職種カンファレンスが始まりました。皆さん、活発に意見交換されていますね。「ええ。多職種一丸となってサービスの向上に取り組み、2018年春には、老健として最高ランクの『超強化型』の加算を算定することができました。在宅復帰率は60%以上を維持していて、退所後のサポート体制も万全!認知症が重度な方や、医療依存度が高い方、看取り介護を希望される方など、幅広く受け入れています」と、皆さん。

創意工夫を伺う独自の取り組み

スタッフステーション

スタッフステーションで、ケアマネージャー兼介護職員の井上さんを紹介していただきました。今治さん、2職種を兼務されているとは珍しいですよね?「当施設では、生活ニーズに即したケアプランを作成するため、各フロアにケアマネージャー兼介護職員を配置しているんです。忙しい時間帯に井上さんがフォローに入ってくれることで、現場の介護職との信頼関係も生まれ、良い関係性が築けているんですよ」。

エレベーターホール

エレベーターホールの掲示板に、認知症カフェのお知らせがありました。「認知症カフェは地域住民に向けた開催が一般的ですが、当施設では入所フロアでも行い、ご家族が施設に足を運ぶ機会を増やしています。在宅復帰にはご家族の協力が必要不可欠なので、安心して自宅で受け入れらるよう指導を行っているんです」。この取り組みについて、横浜市介護老人保健施設研究大会で発表したところ、「優秀演題」に選出されたんだとか。

食堂

食堂では、介護職員さんがアザラシのぬいぐるみを片手に、ご利用者とコミュニケーションを図っています。「このアザラシは、セラピーロボット『PARO(パロ)』です。人間の呼びかけに反応したり、抱きかかえると喜んだり、人間の五感を刺激する豊かな感情を表現してくれるので、ご利用者の癒しになっているんですよ」と、今治さん。認知症ケアとして、アニマルセラピー同様の効果があるんだとか。※開発:産業技術総合研究所

食堂

「こちらは子育て中のママさん介護職で、約3年の育児ブランクから復職しました」と、紹介してくれました。仕事と子育ての両立は上手くいっていますか?「はい。3歳と5歳の子どもがいて、手のかかる時期なので、無理のない範囲でパート勤務をしています。常勤を希望される方には、『時短勤務』や『日勤常勤』といった働き方も提案してもらえますよ」。

裏付けされた”自信”を聞く職場自慢

デイルーム

最後は、地域のボランティアさんによるイベントで盛り上がるデイルームへ。「当施設では、地域にオープンな施設運営を目指して、近隣に暮らす方々との触れ合いを大切にしています。こうしたイベントの他にも、地域の誰もが利用できる『クローバーカフェ』の開催や、地域のお祭り『能見台フェスタ』への参加などもしているんですよ」と、今治さん。今日はありがとうございました。

介護21スタッフが聞く「で、実際のところは?」見学後記

帰り道

――多職種によるチームワークで、高い在宅復帰率を達成している老健、いかがでしたか?
2018年春に老健として最高ランクの「超強化型」の加算を算定している施設だけあって、職員の皆さんの意識が高く、職種を越えた協力関係がありました。また、さまざまな加算要件を満たして「介護職員処遇改善加算(I)」も算定されたそうで、キャリアパスや人事評価制度も整っているそうですよ。
――良好な人間関係は、何によって築かれていると感じましたか?
クラブ活動や職員行事が盛んで、仕事以外でコミュニケーションを取る機会が多いことが、温かい人間関係につながっているようでした。特に、会議室で開かれる親睦会「ハローだんだん」は、職員の皆さんに大人気のイベントで、子どもを連れての参加もOKだそうです。
――では、ここはちょっと、というところは?
施設としては、ソフト面と同時に、ハード面も充実させていくことを課題としているそうです。その第1歩として、空調設備などのリニューアル工事を行い、より快適な環境のもと、サービスを提供できるようになったそうですよ。
――最後に、ここだけの話をひとつお願いします。
人間関係の温かい職場なので、家族や友人の紹介で入職される方や、ご夫婦で働かれている方もいるんだとか!自分の職場を大切な相手に紹介できるなんて、とっても素敵ですよね。

さまざまな職種の仲間と、チームで在宅復帰支援に携わりたい方

職員向けのクラブ活動やイベントが盛んな職場で働きたい方

募集職種を見る